2018年1月15日月曜日

レトルトのカレーはいつまで食べられるか?

年末の掃除をしていたときだったか、ふと見つけたAEONブランドのレトルトカレー。賞味期限は2016年8月18日になっていた。今はもう2018年だから、賞味期限を1年と4ヶ月以上は過ぎていることになる。
「賞味期限」は「消費期限」と違って、その日を過ぎると食べられなくなるわけではないけれど、さすがに賞味期限を1年4ヶ月も過ぎたものはどうだろう?個人的には、2~3ヶ月なら、多少警戒はするがおよそ平気だけれど、さすがに1年以上過ぎてると少し勇気が要る。

まず、皿にあけてみた。少なくとも異臭はしない。見た目は普通だが、白いお皿とカレーの境界部分に僅かに半透明の層が見えるような気がする。油分の分離が進んでいるように見えないことはない。
手についたカレーを少し舐めてみる。普通にカレーの味がするが、心なしか酸っぱいような気もする。が、腐ったものの味ではない。以前良く食べていたハウス食品のククレカレーを基準に考えると、少し酸っぱいような気がしただけで、AEONブランドのものはもともとそういう味なのだと思えばカレーとして全然受け入れられる範囲である。もしかすると、賞味期限を大きく過ぎているという意識のせいで、酸っぱく感じただけなのかもしれない。

レンジでチンして、ご飯とともに食べてみる。少し酸っぱさを感じないわけでもないが、そういう味だと思えば普通に美味しく食べられる。少なくとも、気持ち悪くなったり、オエッとなったりすることはなく、完食。ごちそうさま。
そして、今日現在も特に腹痛や下痢を起こしたりはしていない。賞味期限を1年以上過ぎていても意外と普通に食べられるものなんだなと、レトルト食品の技術に感心。

だからといって、もし賞味期限切れのレトルト食品を見つけたとしても、安心だとは言い切れないし、無闇に食べるなんてことは全くオススメはできない。食べられるかどうかは食品自体の性質や保存状態にも依るだろうから、本当に腐っているか、傷んでいるかは、自己責任でよく見極めてもらいたい。

2017年12月30日土曜日

ロト6 一年間継続購入の結果・・・

2017年はロト6を一年間継続して購入してみました。

以前から、「継続的に購入したとき、期待値どおりの結果が実際に出るのだろうか?」と興味があったからです。もちろん、高額当選すれば嬉しいのですが、当然ながらそんなことはありませんでした。特にこれと言った趣味や浪費もないので、「お小遣い制」という訳でもないのですが「月に1万円くらいなら『お小遣い』と思って、自由に使っても問題が出るわけでもなかろう」と思って始めていました。
1回の抽選で5口購入しましたので、2017年は全103回の抽選があり、延べ515口分の購入に対して、その結果は、

  • 5等当選 18回
  • 4等当選 3回
  • 3等以上の当選はなし
でした。
1口200円なので、合計で103000円を1年間で使ったことになります。一方、実際の当選金は5等18000円+4等20200円で、合計38200円でした。当然ながら赤字な訳ですが、この結果は確率的な期待値から考えて、良い数値なんでしょうか、悪い数値なんでしょうか?

こちらのサイトによると、ロト6の期待値は1口200円あたり89.94円らしい(ちゃんと検証していませんが、何となく高すぎる気がします・・・)のですが、それに当てはめると期待される当選額は515口✕89.94円=49319円ということになります。この数値からすると、私の今年の結果はやや期待値よりも悪いということになりますね。所詮は「宝くじ」、ゼロサムゲームじゃなく、総和としては”負ける”ことが決まっているゲームなんだから、個人的にはまあこんなものかと思える結果でした。

人によっては「宝くじなんてアホらしい」と思う人もいるとは思いますが、私自身はパチンコ・競馬・競艇などのギャンブルはしない、お酒を飲んだり女遊びで浪費することも無い人間なので、月に6~7000円程度のこの程度の遊びで、(本当に)運が良ければ数千万円~一億円くらいのアブク銭が舞い込んでくる可能性が少しでもあるなら、そんなに悪い遊びでもないかなという気がしています。と言いながら、来年も継続するかどうかは慎重に考え中・・・。もし、数百万円程度の貯金を目指すなら、マジメに、そして、今まで以上にもっと働いた方が実現は早そうです。

2017年ムラーノ、改め、パサート燃費記録

昨年末にムラーノ(PZ50、V6 3.5L)からバサートヴァリアント(B8、1.4L)に乗り換えたので、今年は丸一年分パサートでの燃費記録です。

  • 総走行距離 43521km
  • ガソリン使用量 2357.2L
ということで、平均燃費は約18.46km/Lでした(満タン法)。V6 3500ccのムラーノと比べて燃費が良いのは当たり前ですが、パサートのカタログ燃費20.4km/Lに対してはだいたい予想通りでした。私の場合、運転条件が良いので、みんカラで見られる一番良い燃費がおよそそのまま自分の燃費記録になるだろうと思っていました。
月別の燃費をグラフにするとこうなりました。
これまでの経験と同じく、春後半~初夏と秋ごろが一番良い結果でした。夏はエアコンの影響か少しだけ落ちますが、一番悪い時期はやはり冬ですね。特に、走行時の外気温が10℃を下回ると結構燃費に響くのを実感します。

2016年ムラーノのときとガソリン代を比べてみますと、約20万円ほど浮いたという結果になりました。総走行距離が少し違いますし(2016年ムラーノでは47700km走行、今年2017年パサートでは43500km走行と少し短い)、ガソリン単価も変動していますので一概に比較はできませんが、ざっくりと年間20万円くらいのガソリン代が浮く計算になりました。だいたい予想していたこととはいえ、ランニングコストが安いのは嬉しいことです。輸入車は故障が多いと聞きますが、ガソリン代でこれくらい浮くのなら、発想を転換して、年間20万円までの修理費は許容できる(=去年までとランニングコストは変わらない)と考えることもできます。実際のところ、距離無制限の新車保証とウォルフィ延長保証をつけていますので、当面は際立った修理費は発生しないはずです。実際、さっそく今年リアゲートが開かないというマイナートラブルが1件ありましたが、当然無償修理対象なので持ち出しはありませんでした。

ムラーノPZ50と乗り比べますと、パサートの印象は、
  • 加速や旋回が軽快
  • でも、出だしはもっさり遅い(ターボラグ?)
  • ACCは秀逸、レーンキープアシストは微妙(いざというときは無いよりはマシか?)
  • エンジン音が安っぽい感じ(だけど、慣れればそうでもない)
  • 車内は十分静かだけど、たぶん走行時はムラーノの方が若干静か
という感じがしました。特に、加速感や旋回が軽快なのは、個人的には○です。トルク感に関してはムラーノの方が力強い感覚で、坂道でも回転数を挙げなくてもグイグイ登っていてトルクに余裕を感じましたが、いかんせん車体が重かったので「速い」という印象は無かったです。一方パサートの方は、トルク感に余裕が少なく必要十分なレベルという感じだけれど、何故か加速感がよく気持ちい感じです。最大出力やトルクという絶対的な数値だけで決まるものではないんだなという点で面白いです。また、重心が低く、いつものカーブもムラーノよりずっと余裕を持って曲がれますので、運転が楽になりました。

さて、来年、パサート君はどれくらい頑張ってくれるでしょうか?今のペースだと、来年の今頃にはおそらく10万kmを超えているでしょうが、まだ新車保証が利いているとはいえ、とにかくトラブルが無いことを祈ります。

2017年12月4日月曜日

HPの第8世代Core i7搭載ENVY 13の性能は?

HPのENVY 13のことについて調べていて、このブログ記事を見つけたのですが、結局のところ第8世代のCore i7を積んだENVY 13は、サーマルスロットリングが発生するのか、しないのか、どちらなんだろう?

記事によると、
動作温度も最大で81℃(平均69℃)で、サーマルスロットリング(熱によるパフォーマンスの低下)は発生しませんでした。
と書いてあるすぐ下に、
4コア動作時のクロック周波数は、テスト序盤は3.1GHzくらいまで上がりますが、中盤には少しづつ周波数が下がり、最終的には2.2GHzで動作していました。
だそうです。

えっ!?

この現象がサーマルスロットリングの影響そのものだと思うんですが・・・。

それに、Core i7-8550Uでテスト序盤なら、定格の4.0GHzくらいを指してもおかしくないのですが、3.1GHzは低過ぎだと思います。いまこれを書いているi5-8250Uですら、しばらくは4コア3.4GHzで動いているんですけどね。
やはり、13インチにギュウギュウに詰め込んでるENVY 13は排熱が厳しいのかも知れない。

2017年11月29日水曜日

Amazon.com (US)でお買い物

米国のAmazon.comで買い物をしてみました。


先日購入したDELLのInspiron 14(7472)の職場用ACアダプタです。

本当は、FINsixのDART(https://www.amazon.co.jp/dp/B07514CFJV?m=A2R2ZJWBFDRFDX&ref_=v_sp_widget_detail_page)が良かったのですが、¥12,000-は高すぎます。USのAmazon.comだったらもう少し安く買えるかと思ったのですが、やはりこのくらいの値段はするようです。
で、いろいろ探していると、AmazonBasicsのラインナップに今回買ったACアダプタがありました。日本では売っていないものです。なぜ売っていないのだろう?たぶん、100Vにも対応していて使えるはずなのに。
AmazonBasicsなので、値段も$24程度とお手頃でした。アメリカから送られてくるのに、送料が$7程度とは驚きです。おそらく、他の商品と一緒に送られてくるので、輸送費としては大してかからないのでしょう。従って、納期は遅めで2週間以上かかるみたいです。まあ、急がないのでヨシとします。

ノートPCとは全然関係なのですが、本当はBOSEのsoundwear(https://www.bose.com/en_us/products/speakers/portable_speakers/soundwear-companion.html)が欲しいと思ったのが、今回のACアダプタ購入につながっています。
このsoundwearはなぜかまだ日本では発売されていないようです。Amazon.co.jpで買えなくもないのですが、転売ヤーでしょうか、ボッタクリ価格でとても買う気にはなれませんでした。そこで、USから個人輸入しようとしたのですが、Amazon.comやeBayなどでは日本に発送しないと言われてしまいます。何か法的な規制でもあるのでしょうかね。

結局soundwearは買えないものの、こちらはそれなりの値段がするものなので、手始めにこのACアダプタをアメリカから取り寄せてみようと思ったのです。ELECOMやBUFFALOの互換ACアダプタなら日本のAmazonでも買えるのですが、お手頃価格だったのとAmazonBasicsシリーズでも日本では売っていないものなので、個人輸入デビューとしては面白い選択かなと思いました。

2017年11月14日火曜日

パサートヴァリアント(B8)DSGの異音が直った?

パサートのDSGからの異音(ゼロ発進時にクククッと苦しそうな音が。2速から3速への変速時にキュルキュルキュルと滑るような音?)がしていました。「常に」ではないのですが、少し気になっていたのでディーラーにもそのことを伝え、保証が切れる前に一度はちゃんと診てもらう(できれば、対策品に交換)つもりでいました。が、、、、

先日、別件でプログラムの書き換えをしてもらってから、異音が出なくなっているような気がします。少なくともゼロ発進時は、音の大きさの差はあれど、頻繁に聞こえていた音が今はまったく聞こえてこない。プログラム変更の目的はACCに関するものだったのですが、ついでにDSGの制御パターンも変わったのかも。
そういえば、以前よりほんの少しだけ変速タイミングが遅くなった(低速ギヤで引っ張るようになった)ような気もします。

これで直ってしまったのであれば、保証切れ前にDSGを交換してもらう理由がなくなってしまいます。残念。(いや、異音が直ったのだから喜ぶべき!)

2017年10月18日水曜日

第8世代Inspiron14購入

Core-iが第8世代になったので、ノートPCを新調しました。DELLのInspiron 14です。しかし、誤爆だったかもしれません。

とは言っても、Inspiron自体が駄目な訳じゃないです。
今度のCPUはCore-i5ながら4コア8スレッド対応なので、購入したInspironもCore-i7ではなく、Core-i5 8250Uにしてみましたが、これまでのCore-i7 4710MQを積んだdynabook R73よりも少し速いくらいです(マルチコア対応アプリを動かしたとき)。それでいて15W、薄く、ファンも静かでよく出来ていると思います。

残念だったのは、cudaの開発環境が欲しくてノートなのに敢えてGPU付きを買ったのですが、なんとcuda toolkitはGeForce MX150に対応していないらしいじゃないですか!何てことですか。言われてみれば、MX150のベースとなっていると言われているGT1030もcuda-Enabledなデバイスリストに入っていませんね。バージョンアップで対応してくれたら良いのですが(なるべく早く!)

2017年10月16日月曜日

dism /Apply-imageでエラー5(アクセスが拒否されました)

第8世代のCore-i5ノート(DELL Inspiron 14)を買って、現在、環境整備中です。これまでのPCからファイルなどを移行するのに、いったん旧環境をdismでwimファイル化したうえで、新環境上でそのwimを展開、または、マウントしてファイルを整備しようとしていたところ、wimの展開・マウント処理でエラー5が出て先に進めませんでした。

調べてみると、WSL(Windows Subsystem for Linux)が入っている環境をdismで/Capture-imageすると、そのwimファイルは/Apply-imageや/Mount-wimできないことがあるそうです。

KB3179598

どうやら、旧環境でWSLをインストールしていて、これを/Capture-imageするとダメになることがあるらしいです。このwimファイルに対して何をしようとしても、ログファイルdism.logに次のファイルでのエラーログが記録されていました。

(マウント先ディレクトリ)\Users\ユーザー名\AppData\Local\lxss\rootfs\usr\share\perl\5.18.2\Pod\Checker.pm

名前から察するに、確かにWSLのルートfs上のファイルで何かエラーが起きているようです。

既に/Capture-imageし終わってwimファイルを作っているので、これをなんとか展開(か、マウント)できるようにしたい。しかし、dismのコマンドには特定のディレクトリやファイルのみを展開する機能はないし、問題となっているファイル・ディレクトリのみを削除する方法も用意されていないようです。
少しネットで調べると、7Zip(正確には7zFM=7-zip file manager)を使うと指定したファイル・ディレクトリを削除できるような書き込みを見つけましたが、実際にやってみると「読み込み専用です」というようなメッセージが出て削除できませんでした。どうも、wimファイルの内容を閲覧できても、7zFMでは内容の操作はできないようです。

諦めて、旧環境のキャプチャからやり直すつもりでいました。lxrun /uninstall /fullを実行するとWSLとルートFSがすべてアンインストールされるようなので、その後再度/Capture-imageからやり直そうと思っていたところ、wimlibというツールでwimファイルの内容を操作できるらしい情報を入手しました。
早速、https://wimlib.net/からダウンロードしてインストール、そして次のコマンドを実行して問題のディレクトリを削除してみました。

wimupdate.cmd イメージファイル名.wim --command="delete Users\(ユーザー名)\AppData\Local\lxss --recursive"

100GB以上もあるwimファイルなのに、数十秒で終わりました。本当に消えているのかどうかを7zFMで調べてみると、確かに問題のlxssディレクトリがありません。素晴らしい!

その後は、/Mount-imageも/Apply-imageもできるようになりました。これで、環境の移行作業が進められます。

2017年9月5日火曜日

国家主導のフィッシングサイト?

怪しいメールが来ました。


怪しいメールは今に始まったことではないのですが、
リンク先が見た目はwww.apple.com/jp/itunes/ですが、
本当のリンク先がgov.cnだったのでちょっとビックリしました。
これって国家主導のフィッシングですかね。

それにしても、まともな企業なら文末に「よろしく、」とは書かない。"Best Regards"みたいな締めくくりをムリに訳すと日本語ではむしろ変。
それに「カスタマーセンター 林檎」って、明らかにおかしいでしょう。
もしかして、笑いを取るだけの面白メールなのかな?なんて。

2017年9月3日日曜日

Windows10で、Windows7付属の電卓を使う。

Windows10に付属している電卓は使いにくいと思います。特に、デスクトップPCとして使っている人にとっては、何よりあの巨大な表示は何とかならないものでしょうか。タブレットPCでの使用なら良いのでしょうけど。

という訳で、Windows7時代までの電卓アプリはまあまあ良かったな、あの頃に戻れないかなと思っていたら、同じようなことを考えている人はいるのですね。

http://winaero.com/download.php?view.1795

Windows8.1に入っているMicrosoft製の電卓アプリを抜き出して個別にインストールできるようにしたものらしいのですが、ライセンス的には大丈夫なのでしょうか・・・?取り敢えず、私個人はWindows8の正規ライセンスを有している(というか、このPC自体Windows8から10へのアップグレードです)ので、「使う権利はある」と解釈してインストールしてみました。事前にメタウィルス検索サイトにかけてみたところでは、ウィルスやマルウェアの類ではないようです。ただ、取り出したファイルにMicrosoftの署名が付いていないのが気にはなりますが・・・。

何でもかんでも、ストアアプリ化しようとする風潮には個人的に反対です。できるだけ、キーボードショートカットを使いたい方なので。Windowsのシステム設定なんかも、Creators Updateで少しストアアプリ化が進行してきたので、目的の設定項目を探すのに手間が増えているような気がします。また、ALT+←キーやBSキーで直前の設定ページに戻れないのもちょっと気に入らないですね。