2018年7月12日木曜日

ウィルス誤判定?

ESETをインストールすると、もともとディスク内にあったファイルがマルウェア(Trojan)と判定するようになった件。
ネット上のメタ検索・判定をさせてみたところ、次の通りでした。

ESETとIkarusだけが陽性で、他は陰性判定でした。
これって誤判定なんだろうと思ってしばらく様子を見ていましたが、2ヶ月以上経っても同じ結果なので、データベース更新時の突発的な誤判定ではなく、本当に危ないファイルと判定しているようです。

問題のファイルは、2002年ごろの古いInstall Shieldに入っている_sys1.cabというキャビネットファイルなのですが、後で何らかのウィルスに感染したわけではなさそうです。しばらく起動もしていない別のPCの圧縮ファイルの中にあった同名ファイルと比較しても全く同じ内容だったので、オリジナルのままの_sys1.cabをウィルスと判定しているようなのです。
インストーラのためのファイルですから、何らかの方法でシステムを変更するような動作は持っているでしょうから、そのようなコードをウィルスであるかのように判定してしまうのは分からないでもないです。また、古いファイルなので今ほどマルウェアに対する対策も取られていないのも、そのように判定されてしまう理由の一つなんでしょう。

しかし、不思議なのは他のエンジンは陽性判定を示さないというところです。古くて、お粗末な作りであったにせよ、マルウェア的な動作を犯す作りのインストーラ動作であると仮定するなら、他のエンジンも追従して陽性判定をしてもいいはずです。それとも、他のエンジンではこんな古いファイルのパターンは入っていないから通り抜けてしまうのでしょうか?

いずれにしても、このファイルはもう配布することはないので、(本当にウィルスであっても)誰かに迷惑をかけることはなく、このままディスクの肥やしになるだけです。

2018年7月11日水曜日

[備忘録]ミノキシジルとフィンペシア

2018年7月3日にミノキシジルとフィンペシアの服用を開始しました。
以前服用していたフィナステリド(成分的にはフィンペシアと同じ?)はあまり効かなかったというか、進行を遅らせるだけで改善が期待できるわけではないので辞めてしまった。近くのクリニックで処方してもらっていましたが、値段が高いのと、処方する以外には特に進言や診察はなく、何を聞いても暖簾に腕押しだったので、気持ちが続かなかったです。

今度は個人輸入での再開ですが、費用が安いので続けられそうです。
心配は副作用ですね。もともと血圧が低め(とは言っても正常範囲内)なので日常生活にどの程度影響が出るかと思っていました。

一週間服用(ミノキシジル10mg/一日とフィンペシア10mg/一日)した感じでは、若干の頭痛と眠気があったように思いますが、単に寝不足の影響かも。一週間経ったいまは、頭痛は特に感じず副作用らしいものはないように思います。
血圧も気にかけて毎朝測っていますが、いつもと同じが少し低いくらい(最高100~110mmHg、最低55~65mmHg程度)であまり影響はないかと思いますので、このまま続けても大丈夫そうです。

2018年5月26日土曜日

Discover Proのナビがフリーズする現象

Discover Proのナビがたびたびフリーズし、「ナビゲーションを起動しています」が表示される問題が出ています。その発生条件をある程度絞り込むことができました。

  • 3D表示であること(2D表示では発生しない)
  • 縮尺が50mであること
  • 2画面表示でないこと
  • 高速道路表示でないこと(高速道路走行中の場合)
これらの条件が揃ったときに、地図上のある程度決まった地点を通過するとナビがフリーズし、その後ウォッチドックによる強制リセットが発生して「起動しています」表示になっているようです。「決まった地点」で発生するので、地図の特定のパターンやランドマークに反応しているのかと思いましたが、特に発生する地点に共通する「何か」は見つかりませんでした。
とにかく、決まった地点を通過すると7~8割くらいの確率でフリーズが起きますが、問題が出ない場合もあります。決まった地点は数百m~数kmくらいの間隔であるみたいなので、私が運転する特定の所在地付近だけという訳ではないようです。おそらく、全国のいろんなポイントで発生するのだと推測します。

縮尺を100mにすると、問題はまず発生しませんでした。縮尺を75mにすると、ぼちぼち発生します(問題地点の1~3割くらいか?)。

高速道路に入ると、通常設定では「高速道路表示」になって、高速道路以外の一般道が省略した状態で表示されますが、その状態ではフリーズは起きなかったです。ナビの設定で「高速道路表示」をオフにして、一般道も表示させるとフリーズが発生します。

フリーズから再起動したとき、地図の表示がカクカクになっていました。表示更新周期が1秒とかやけに遅くなっています。しかし、NAVIボタンを押してやるとスムーズな表示に戻ります。
また、フリースから戻ったときにはナビ表示が常に「昼間」モードになるという問題もあります。つまり、夜走行中に再起動が起きると、表示がギカッと明るく表示されてしまうということです。これは、ヘッドライトをいったんオフにすると直りました。

それからそれから、たまに「起動しています」の表示のままで固まってしまうこともありました。その場合は、ナビシステムを再起動するしかありません。電源ボタンを10秒程度押し続けると、エンジンオフにしなくてもナビが再起動してきます。



Discover Proのファームウェアバージョンが古い(確か0012だったと思う)から起きる不具合のようです。少なくとも2017年11月頃にバージョン0035が出ているようなので、今度ディーラーでアップデートしてもらう予定です。

2018年5月11日金曜日

WSL(Windows Subsystem for Linux)を入れてみたが・・・

これまで、cygwinやmingwで行ってきたプロジェクトがあります。
これが、WSL上でビルドできるようになれば便利なのではないかとインストールしてみましたが、、、

arm-linux-gnueabihf-gcc: No such file or directory

と怒られました。ちょっと調べて分かったことは、Windowsのcmd.exeとは異なり、".exe"まで付けないと実行ファイルを実行できないのが原因らしい。

この時点で、もうヤル気が萎えました。

が、なんとか気を取り直して、".exe"が無い本当のARMクロスコンパイラ(x86/x64 Linux用)をhttps://www.linaro.org/downloads/から取ってきて試してみました。すると今度は、

In file included from audio.c:3:0:
xxxxx.h:25:40: fatal error: ..¥TimeDef.h: No such file or directory
となりました。
元々Windows上で開発していたものなので、パス名区切りに¥(円マーク)を多用しておりますが、unix/Linuxの区切りである/(スラッシュ)に変えないといけないですね。Windows用にビルドされたARM-GCCやcygwin環境では、¥と/のどちらでもうまく処理してくれていたんだなと、いまさら実感しました。
このコードはこれからもgccとVisual Studioの両方でビルドできなければならないのですが、幸いVisual Studioの方はパス名区切りとしてスラッシュ/もうまく扱ってくれるようなので、全部のコードを/に統一しても良さそうです。

が、そこまでしてWSLに移行しなければならないものなのか・・・。冷静に考えてみると、これまでどおりcygwin/mingw環境でもよいのではないかと思いました。
という訳で、WSL熱はいったん終了です。

2018年5月10日木曜日

Google日本語入力がおかしい?

「しようにあわせる」を「仕様に合わせる」に変換しようとしたら、



こんなことに。。。
「しようにあわせて」なら、正しい候補が出るのですが。

全然関係ないかも知れませんが、これを見て思ったこと。
ディープラーニングだのAIだのバズワードが流行ったかと思えば、20XX年までにはAI取って代わられる職業なんて怖い話もありましたが、
こんな短い文節の日本語変換処理だけでこんな調子では、AI実現なんて言ってもそれほど人間に取って代わるほどのものができるのはもっと先なのかもと思ったりします。

2018年5月9日水曜日

パサートのオイル交換警告をリセットしたら、、、

前回パサートのオイル交換をしてから15000km走ったので、毎回いちいち警告ができるようになってしまった。取扱説明書に従って、これをリセットしてみた。

OFFの状態で「0.0」を押したまま、ブレーキを踏まずにPowerスイッチを押してシステムON(エンジンはかけない)。「リセットしますか?」というような表示がでるので、「0.0」を離して、もう一度押す。これだけ。

しかし、リセット後tripメータの値がおかしくなってしまった。「0.0」ボタンを押すので、tripメータが0に戻るのなら分かる話なのだが、なぜか1227.9kmだったのが、2105.9kmに変わった。そして、その後走るたびに距離を重ねていく。なぜ?

というか、そもそもVW504のエンジンオイルは、最長2年3万km無交換というロングライフを謳っているのに、1年15000kmで交換させようとする固定インターバルサービスが存在しているのだろう?

2018年4月20日金曜日

McAfee消したった!

半年前に購入したInspiron14 7472にバンドルされていたマカフィーのセキュリティソフトですが、せっかく1年間の使用権限が与えられているのですから期限が切れるまでは使い続けるつもりでしたが、アンインストールしました。

こちらのセキュリティソフトの比較サイト見る限りでは、Windows Defenderが特別性能が低くないようですし、マカフィーは2017年のある時期によっては偽陽性判定が高い時期もあり、専業企業のソフトだからと言って特別良いとも思えなかったです。
実際、このPCを仕事で使っていると、それまでずっと使ってきたARM用GCCコンパイラの実行ファイルが急にウィルス判定を食らってしまい、強制的に削除されてしまいました。おかげでビルドができなくなった原因の調査と復旧に何時間かが無駄になりました。
更にマカフィーがおかしいと思うのは、この削除対象となった実行ファイルのコピーはSSD内にいくつもあるのに、それらのファイルはウィルスとは判定されなかったことです。もちろん、WEB上のメタ検索エンジンにかけてみても、このファイルが怪しいと判定するセキュリティエンジンはありませんでした。この時点で、突発的に正常なファイルを異常と判定して勝手に消してしまったマカフィーには少し不審を抱く用になりました。

更に、マカフィーはメモリをたくさん使っているように感じました。
10年以上前とは違い、AVソフトに依るPCの実行パフォーマンス低下はあまり感じませんでしたが、タスクマネージャを見るとマカフィー関連のプロセスはかなり多く辟易としていました。特に、ブラウザタブを何個か+コマンドコンソール何個か+Visual Studioを立ち上げて半日ほど使うだけで、Windowsのコミット済みメモリが6.8Gとかかなり多いのが不満でした。物理メモリが8Gしかなく、休止状態もよく使うので、休止時にメモリの書き出しによるSSDの劣化も少し心配でした。

使用プロセス数が多いとはいえ、メモリ使用量増加の原因は必ずしもマカフィーが原因とは言い切れなかったのですが、試しにマカフィーを削除してみたところ、コミット済みメモリの量は1.5GByte程度減ったようです。ページングファイルがあるとはいえ、物理メモリが8GのPCでコミット済みが6.8G→5.3G程度に減ったのは、余裕ができて良かったと思います。

2018年4月10日火曜日

Subversionのリポジトリは壊れていなかった!

gitの柔軟性と便利を知ってしまうと敢えてsvnを使う理由はないのですが、それでもsvnで管理したままになっている古いプロジェクトも現存しているので、たまに使うことがあります。

今回、ある古いsvnリポジトリをsvnadmin dumpしようとするとエラーが出る問題に遭遇しました。
 svnadmin: E160062: Malformed node revisions ID string
必ず決まったrevision番号でこのエラーが出るのですが、意味も原因も全然分かりません。

svnadmin verifyやsvnrdump dumpでも同じrevisionで、同じか似たようなエラーが発生していました。
 svnrdump: E210008: Error while replaying commit

しばらくこのプロジェクトは触っていなかったのですが、リポジトリ内の特定のrevision情報が壊れてしまったのだと思っていました。確認のため、丸ごとバックアップしていた何年も前の古いリポジトリを取り出して、同じようにdump/verifyしてみました。しかし、やはり同じrevisionで同じエラーが出ます。2~3年くらい前、その古いリポジトリでsvnadmin dumpが成功していたことははっきりと覚えており間違いありません。では、なぜエラーが出るようになったのか?

リポジトリが壊れているのではなく、svnadminコマンドの方がおかしいのではないかと考えました。

いま使っているsvnは最新版の1.9.7ですが、古いバージョンを探して同じことをやってみました。すると、svn 1.8.13を境に何やら動作がおかしいです。
1.8.13では少し症状は違いますが、問題のrevisionでsvnadminがクラッシュしてcoreを吐きました。その直前の1.8.11(なぜか1.8.12は無かった)では、問題なくverifyが通り、dump/loadも成功しました。
やはり、svn 1.8.13以降は何かおかしいみたいです。これはエンバグなのか、あるいは古いリポジトリの一部の機能をサポートしなくなったせい(互換性問題?)なのかは調べていませんが、少なくとも古いバージョンで問題を回避できることが分かりました。

2018年4月5日木曜日

治療終了

極めて軽度のものでしたが、突発性難聴との診断を受けてから20日目で治療を終了することになりました。聴力検査では完全に正常レベルに戻っていますし、自覚症状としての聞こえ方の違和感や耳鳴りも分からないくらいになっていますので、当然の結果でした。

最初の検査時、高音域(4K/8KHz程度)で20~30dB程度のものだったので、数値上は本当に「軽度」か「正常」のすれすれレベルというところでした。自覚症状も「ちょっと変だな?」くらいでしたし。このくらいなら9割くらいは治るという情報がありましたので、本人的にはあまり心配していませんでしたし、もしかすると何もしなくても自然治癒していたのかも知れません。
しかし、ネットで検索すると怖い話はいくらでも見つかりますし、一度落ちて固定化された聴力は戻ることはないという話もありましたので、もしも回復しなかった場合のことを考えるとやれることはやっておいた方が後悔せずに済むだろうかと考えたこともありました。最初、入院の話は(やんわり)突っぱねたのですが、その後入院するのも長い目で見たら悪いことではないかも知れないとも思いました。今回は、再診時にある程度の改善が見られたので入院ではなく投薬治療を継続することになりましたが、もしも次回同じような診断が下った場合は、可能な限り入院治療を選ぼうと思います。

2018年3月30日金曜日

[備忘録](なんちゃって)突発性難聴、16日目

耳の不調を感じてから今日で16日目です。

ステロイドは、先日最後の分の飲み終わりました。いまはトリノシンとか、ビタミン剤みたいなの、そして胃の調子を整える漢方だけです。
もうほとんど不調を感じなくなりました。聞こえ方や閉塞感は無くなったと言えます。「無くなりました」を言い切らないのは、閉塞感があるかも?と思って意識するとあるような気もするからです。でも、明らかにおかしいという時期は完全に過ぎました。

耳鳴りも続いているような気もしますが、こちらも、不調になる前からこのくらいには感じていたのかも知れない。いまは耳鳴りとしてのうざったさは消えたようです。耳鳴りとは違うと思いますが、そもそも静かな状況を「シーン」という擬態語で表したのは手塚治虫さんらしいですが、その「シーン」という音は誰でも聞こえますよね?
調べると、「オイフォン」という現象があるのだそうです。この「シーン」という音は、静かな場所(寝室など)ではいつも感じていました。今も感じます。この「シーン」と、耳鳴りの「キーン」とは微妙に音質(と言っていいのか?)が異なるのですが、音を感じる部分は同じなのではないかと思います。いまは、「キーン」より「シーン」の方が支配的に感じます。つまり、もともとずっと聞こえていたオイフォンがあるので、耳鳴りはもう気にならなくて当然だということです。
ちなみに、このオイフォン現象のことを家族に聞いてみると、知らないし、そんな音は感じないと言っていました。私はみんな感じてると思ってきましたが、そうでもないようです。