2014年2月18日火曜日

休止状態から復帰しない

LIFEBOOK WS2/Mですが、休止状態から復帰しなくなりました。OSはWindows 8.1です。

「休止状態」「復帰しない」などのキーワードで検索するといろいろ見つかるのですが、私のところでの症状と一致するものは見つかりませんでした。その「症状」というのは・・・


  • 休止状態から電源ボタンを押すと、起動画面(富士通のロゴ)出たあと、電源が勝手に切れて復帰しない。
というものです。UEFI BIOSの初期化状態から抜けて、Windows8起動時のグルグル玉が回るアニメーションが出るかというタイミングで電源が切れていまいます。実際には、そのグルグル玉は見えないです。

その後、再度電源を入れるとちゃんと起動しますが、休止からの復帰ではなく、コールドブートです。休止前の状態は失われてしまっていました。

イベントビューワには、何のエラーも報告されていないので、どうやって調査したらよいかわかりませんでしたが、少なくとも最初の頃はちゃんと休止状態→復帰ができていたので、追加アプリ&ドライバのインストールか、Windows Updateのあとにおかしくなったのだと思います。

いろいろ試行錯誤の末、どの段階でこんな現象がでるようになったのかが分かりました。それは、
KB2912390(http://support.microsoft.com/kb/2912390)をインストールしたら発生することが分かりした。これをアンインストールすると、休止状態から復帰できるようになりました。

このKB2912390は、Direct2Dのセキュリティに関係したパッチのようですが、それがなぜ休止状態からの復帰に影響があるのかは不明です。どちらにしろ、このパッチはしばらくインストールしないでおこうと思います。

このパッチは、他のWindows8なPCにもインストールされていますが、そちらでは問題が起きていませんので、LIFEBOOK WS2/Mに固有の問題ではないかと思われます。おそらくBIOSレベルで何か問題を抱えているのではないかと推測しています。そうなると、富士通さんが問題に気づいて新しいBIOSをリリースしてくれるまでは、どうしようもないですね。


(2014年2月28日:追記)

同じ現象が、ThinkPad edge E430でも起きました。休止状態から再起動しようとすると、最初にWindowsの旗で出た直後くらいに電源が落ちます。その後再度電源ボタンを押すと、コールドブートしました。
KB2912390がインストールされていたので、アンインストールしました。すると、この現象は出なくなりました。

しかし、Direct2D関係のfixが、なぜ休止状態からの復帰の影響するのでしょうね?本当にナゾです。


(2014年3月3日:再度追記)

また、休止状態から復帰しないようになりました。電源を入れても、富士通のロゴのあと、すぐに電源が切れてしまいます。

コールドブートして、windows updateの履歴を見ても、↑で問題がある(と思っていた)KB2912390は入っておらず、アンインストールされたままです。これ以外にも、この問題を起こすパッチがあるのかもしれないと思い、windows updateの履歴から次々とアンインストールしてみました。すると、すべてのパッチをアンインストールしても休止状態から起動しません。やはり、PC固有(LIFEBOOK WS2/M)の問題なんでしょうか・・・

パッチを全部アンインストールした状態で使うわけにもいかないので、再度windows updateをかけてKB2912390を含む「重要」なアップデートをすべてインストールしました。すると・・・

休止状態の問題はなくなっていました。問題と思っていたKB2912390をインストールしていても、です。いったい、何だったんでしょうか?

いつも言っていることですが、「PCはダマシダマシ使うもの」なので、とりあえず動けばOKです。


(2014年3月10日:再々度追記)

またまた、休止状態から復帰しないようなってしまいました。
今度は、KB2912390をアンインストールしても、アップデート全部アンインストール→再度インストールしても、直らないです。本当に、いったい何なんでしょうか?ちょっと困りました。

0 件のコメント:

コメントを投稿